申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

遺品整理の法律

遺品整理にはそれぞれの状況に応じて細かな法律が定められており、万が一誤った方法で対処してしまうと罰せられてしまう可能性もあります。しかし、突然の訃報で遺品整理を行わなければいけなくなった際、遺品整理の法律に関する注意点を把握することは難しいと言えます。そのため、可能であれば予め遺品整理に関する知識を付けておくことは、とてもよい事前対策となります。具体的に注意しなければいけないのは、遺族間でのトラブルや所持、遺産による相続です。独断で遺品整理を行ってしまい、処理した後から遺書が見つかってしまうと遺族でトラブルが発生してしまう可能性は高くなるでしょう。そのため、遺品整理には順番や対象物によって対応内容が異なるのです。そのようなトラブルを発生させないためには法律などを知る必要があるため、弁護士の方などに相談する必要性もあります。しかし、あくまで弁護士の方は「法律の注意点や手続き」をアドバイスしてくれる役割となりますので、遺書が後から見つかってしまった場合はトラブルを回避することができないこともあります。このような内容でお悩みの際には、遺品整理業者の方に力を借りると良いでしょう。実績の多い遺品整理業者であれば、遺品整理の注意点や法律に関するアドバイスをしてくれるだけでなく、探し物を捜索してくれることもあります。作業の負担を軽減させることだけを目的にしている訳ではありませんので、積極的に相談を持ち掛けてみるようにしましょう。
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼