申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

遺品整理の時期について

現代は「終活」という言葉に代表されるように、生前整理による死後の準備を整えるという考えが広まるようになりました。しかし、どれだけ生前整理に力を入れていたとしても、遺品整理は必ず必要になります。人が亡くなってしまうのと同じように、これは避けられないことかもしれません。それでは、その遺品整理はいつまでに行えばいいのでしょうか。
遺品整理のタイミングの目安として挙げられるのが、「四十九日」です。法要(法事)とは、故人の冥福を祈り、供養をする行事です。基本的には遺族・親族・知人・友人などが参列し、読経と焼香が行われます。この日は親族などが一堂に会するため、それまでに遺品整理を行うことで、形見分けが円滑に行えるようになるのです。宗教にもよりますが、個のような理由から四十九日が一つの目安となっているのです。
しかし実際は、遺品整理に正しい時期という物はありません。「賃貸物件に住んでいた」「レンタル品を借りていた」そのような急を要する理由が無ければ、いつ行っても構わないのです。遺品整理は、機械的に不用品を処分する作業とは根本的に異なります。家族を亡くした悲しみにくれながら、慣れない葬儀に疲労し、それでも日常生活を送らなければいけない。心身ともに、遺族は疲れ果てているのです。だからこそ、「遺品整理は必ず四十九日までに」と焦らず、余裕が出てから行うようにすると良いでしょう。それが結果的には、清々しい遺品整理になるのですから。
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼