申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

遺品整理の時期

遺品整理とは、多くの人にとって、一生涯を通してそう何度も経験することの無い作業の一つではないでしょうか。 特に今は核家族化に伴い、昔よりもお年寄りと同居している家庭が減っているようですので、人の死を身近に感じる機会は猶更少なくなっているように思われます。 けれども、ほとんどの人の人生において、少なくとも1度はお葬式を出したり遺品整理をしなければならない機会が巡ってくる事でしょう。 お身内が亡くなられると、遺族の方は多くの「やるべきこと」に見舞われます。お葬式を出す・病院へ挨拶をする・支払いを済ませる・親族へ連絡を取る・初七日法要の準備・・・人が一人亡くなるというのは本当に大変なことで、遺族の方は悲しむ時間も与えられないくらいの忙しさを経験するでしょう。 そんな中、つい後回しになってしまいがちなのが遺品整理です。前述したように遺品整理とはそんなに頻繁に発生するイベントではないため、いざその必要に迫られた際に何をどのように進めればよいのか分からず困惑してしまうと思います。何から始めればよいかわからないし、やるべきことは他にもたくさんある・・・それに悲しみがあふれてきそうで、遺品整理に着手するのが怖い。そのように感じられて、遺品整理を先延ばしにされる方も多くいらっしゃるかと思います。お気持ちは十二分に理解できます。しかし遺品整理を先延ばしにするのはあまりお勧めできないことでもあります。遺品の中には貴金属や預金などの財産がある可能性もあります。遺産相続を法的な形で行う場合は民法で定められた期限までに遺品整理を行うことが必要です。また、もしも債務があった場合、相続を放棄できる期限も決まっています。 故人を偲ぶ為にも、遺された品物の整理は早目に行った方が良いでしょう。分からないことや不安なことがあれば、当サイトへご相談ください。
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼