申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

遺品についての断捨離

正月も過ぎ、昨年亡くなった故人を偲んでいる方も多いと思います。季節柄そういったことに思いをはせることが起きやすい時期です。いつかは来る日がやってきてしまいます。覚悟をして受け入れなければいけません。ですが現実的に考えてみたときに残された物は「遺品」として扱われることとなり、ご遺族の方で断捨離を行われることと思います。単純な家具だとか家電であれば処理は簡単ですが、思い出の品や貴重品などはどうにも処理できない場合がありますよね。作業中に故人のことを思い出してしまって・・・なんてこともよくある話です。でも作業はしなければいけない、でも思い出してしまってどうにも断捨離への踏ん切りがつかないということも多々ご意見としてお聞きしています。ですが、遺族の方に残された責任としてしっかりと遺品は整理しましょう。残された物に縋り付いては前に進むことは出来ません。故人の方もそれでは浮かばれなくなってしまいます。「自分たちではできないから業者に頼む」「業者の方が身内のように丁寧にやってくれた」というような声もよくお聞きします。遺品整理でお困りの方はまず業者にご相談されることを強くお薦めいたします。丁寧に対応させていただきます。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼