申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

遺品として扱うもの、ゴミとして扱うもの

遺品整理は、亡くなった方が日常的に使用していたものから、貴重品に至るまでを整理する作業です。 その過程では、果たしてゴミとして扱うのか、遺品として扱うものかよく分からないものも多数出てきます。

◇遺品として代表的なもの
・貴重品(預金通帳・有価証券類・貴金属・宝飾品)
・写真
・手紙
・日記
・手帳

◇遺品なのか判別が付きにくいもの
・普段着用していた衣類
・普段から使用していた食器類
・家具・家電
・雑誌・書籍・CD・DVDなど
・玩具類

◇一般的にはゴミとして扱われるもの
・生鮮食品(冷蔵庫の中身なども含む)
・その他ゴミ類(ゴミ箱の中身、空き箱など)

例えば、腐敗していたり、賞味期限が切れているような生鮮食品や加工食品類は、誰が見てもゴミと判断できるものです。 ですが、例えば故人が普段着用していた洋服類はどうでしょうか? ゴミとして処分をされる方も居ると思いますし、遺品として形見分けの品とする場合もあると思います。 また、手帳や写真類は纏めてしまってある箱や袋ごと、誤って処分してしまうこともあるため注意が必要です。個人で遺品整理を行う場合も、専門の業者に遺品整理作業を委託される場合も、遺品とするもの、ゴミとして処分するものを誤らないように十分ご注意ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼