申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

故人の意思や交友関係を大切に

ご家族が亡くなって、葬儀など一通り済んだところで取り掛からなくてはいけないのが、遺品整理です。近しい人の死がもたらす喪失感や悲しみは実に大きなもので、葬儀を執り行うだけで精一杯という方はとても多いでしょう。しかし、故人が賃貸物件に住んでいたなど、居住形態によっては速やかに物件を明け渡さなくてはならない場合もありますので、どのように遺品整理を進めていくか、早めに遺族で検討する必要があると言えます。遺品整理をするときには、故人が遺言書を残していないか、まず確認しましょう。故人の気持ちを尊重するためにも、大切なことです。次に、処分するかどうかすぐに判断がつかないような物については、一旦遺族の家に移すなどして、気持ちが落ち着いてから処分するようにしましょう。保管出来るスペースがあるかどうかにもよりますが、時間が無いからという理由で無理矢理処分してしまうと、後悔の念にかられる事もあるかも知れません。迷ったときはとりあえず残して保留する、というのも一つの方法と言えるでしょう。また、故人の交友関係が広かった場合などは、遺族が連絡を取る必要が出てくることも考えられますので、友人・知人の連絡先が書かれている手帳や手紙などは残しておくようにしましょう。ただ物を処分していくだけではないというのが遺品整理の難しいところですが、故人が安心して旅立てるように、丁寧に行いたいですね。
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼