申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

扱いに注意が必要な遺品

遺品整理を行なう時は、取り扱いに注意をしなければいけないものがあります。 その中でも特に増えているのは、インスリン注射などに使われる注射針です。注射は、本来なら病院に行って打ってもらうものですが、糖尿病の治療に用いられるインスリンは、定期的に打つ必要があります。1日に2回から4回打たなければいけないものを、一々通院していては仕事も生活もままならないものです。 そこで、患者さんに注射方法を教えて、自分で打ってもらうことが多いようです。この時に、使用済みの注射器と注射針が出てきます。遺品整理の際に、もしこれらのものがあったら、その処理については十分な注意が必要です。 注射針は、単に鋭くて危険というだけでなく、それを使用していた人の体液、血液が付着しています。もし誤って遺品整理をしている人に刺さると、それらを介して肝炎のウィルスに感染してしまう危険性があるそうです。もしこれらを見つけたら、他の遺品やゴミと一緒にせず、別個に廃棄する必要があります。注射器、注射針は医療廃棄物となりますので、故人の通院していた病院などに持ち込んで処理してもらう事が多いようです。遺品整理を業者に依頼して行う場合も、もし故人が自宅で注射針などを使っていたことを知っている時は、先にお伝えしておくと、事故なく安全に作業が行えます。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼