申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

形見分けの準備も必要です

形見分け、と言うことを聞いたことがありますか? 故人が生きているときに愛用されていた雑貨などを、故人のご友人 や親戚に贈る事を形見分けといいますが、その時期や贈るもの はどういう風になっているのでしょうか。お形見分けを行うのは、通常なら四十九日法要が終わった忌明け に行うそうです。形見分けに贈られる物は、故人が愛用していて まだ使用できる衣類やバッグ、時計などを贈る事が多いようです。形見分けを行う事によって、親交のあった方々も形見分けの品を 通じて故人の死を悼むことができますし、ご家族からすればそう いった方々への感謝の気持ちを伝える事にもなります。形見分けの品々が多かったり、通常の遺品との見分けが付かない 時は遺品整理の専門業者に手伝ってもらう事も考えてみてはいかが でしょうか。

「形見分け」という言葉を聞いたことがあっても機会が訪れることがなければ その内容については詳しく知ることはなかなかありません。 故人の宗派によって形見分けが行われる時期は異なっていているだけで形見の品を 誰に分配しなければならないなどといった取り決めはないのですが、 トラブルに発展しやすい形見分けにはいくつかの配慮は欠かせません。 金銭が絡むトラブルの代表格は贈与税が発生する高額の物品、土地、建造物などの 形見分けです。事前に贈与税が発生する旨を通知して、お相手が納得された上で分配を行いましょう。 人に物を渡すときは、つい包装したくなるものですが形見については包装をせずにその物の汚れを 落としたりクリーニングをするだけに留めて渡します。

遺品整理110番では、ご希望があれば遠方のご遺族の方や、個人と親交のあった方へ、ご希望の遺品を 後日郵送させていただいております。 形見分けとしては、衣類や装飾品、家具が多く、親交の度合いや年齢を考慮してお選びいただき、 一般的に他界されてから1ヶ月から49日の法要後に贈ることができるように準備いたします。 形見分けの遺品が高価な場合は、相続財産とみなされて、贈与税の対象となることもありますので、 贈る相手の負担とならないように注意が必要となります。

形見分けとは、故人の親しい友人や知人に対して、故人の遺品を送ることを指します。 この形見分け、ただ単に遺品の受け渡しということだけでは無いのですが、実はあまり知られていません。例えば、贈与税の問題です。 何故形見分けで贈与税?と思われるかもしれませんが、もし、形見分けでご友人が受け取った品物があまりに高価なものだった場合、1年間に貰った財産の合計が110万円を超える場合に、税金が発生してしまいます。 形見分けをした結果、相手が高額な贈与税を支払わなければいけなくなる場合も十分に考えられますので、品物はできるだけ、効果でないものであり、なおかつ相手の迷惑にならないものを選びましょう。また、歴史的価値のあるものなどを形見分けしなければいけない場合もあります。古い書画や陶磁器、文献などがそれに当たります。 古いから、汚いからとこういうものは早々に処分されることもあるのですが、故人、それにご友人からすれば、とんでもない事をしてくれたものだと後々までトラブルになる可能性もあるので、もしも価値がよくわからないものがあったら、故人が親しかった方にご相談するのもおすすめです。この他にも、形見分けには気をつけておかないといけないことが沢山ありますので、どうぞお気をつけ下さい。

故人の遺品を遺族で分け合うというのが形見分けですが、突然のことですと 遺品を整理するだけでもドタバタとしてしまうものですので、葬儀が一段落してから 少しずつ行うようにするとよいでしょう。 日記や預金通帳などは、その後2年ほどは必要になることがあるので保管し、手帳や 手紙なども年賀欠礼状を出す際には必要となりますので、合わせて保存しておいてください。 形見分けの方法としては、忌明けの法要を行ったあとに遺品を贈る方々を自宅に招くか、 改めて先方へ持参するというものがあります。 贈る品々は、受け取る方と故人との関わりなどを考慮した上で、ふさわしい品を贈ることをおすすめします。

≫遺品整理のご相談はこちらから

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼