申し訳ございませんが
現在サイト休止中で
ご利用いただけません

最新情報・レポート

受け継いだものをありがたく大切に使いませんか?

故人が残してくれた遺品の中には思い出のものはもちろんですが、今後自分や次の世代の人たちが使えるものを残してくれていることがあります。 一見これは使えないものだなと思っていても、歳を重ねてその良さに気がついたり、これからの生活に役立つこともあります。今回は遺品の整理の仕方からありがたい使い方までをご紹介致します。■衣類を受け継ぐ 遺品整理をしていると最も大変なのが服の整理だと言われています。膨大な量の服を処分したりするのは時間も労力もかかりますが、その中でも着物など、誰でも着ることが出来るものは、いざという時頼りになることがあります。例えば子供の入学・卒業などのシーンでいつもスーツなどを買い直している人を見かけますが、着物は一着持っていればシーンや流行を選びませんので、着付けをして出かけるのも良いものです。ありがたく受け継ぎましょう。■家具を受け継ぐ 家具は家に置く場所が無いという理由で処分されがちですが、リフォームをすることによってさらに長く使うことが出来る場合があります。リフォームと言っても大げさなものでなくて構いません。タンスであれば引き出しだけを利用して小物入れを作ったり、全てをバラバラに解体して一から新しいものを作りなおしても良いのです。特に年配の方は桐たんすなどを大切に使い続けている場合もあります。桐たんすには質の高いものが多く、長く使い続けられますので是非ありがたく受け継ぎましょう。
深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!0120-220-175
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
加盟店も募集中
スタッフ紹介
対応エリア

遺品整理110番のサービス料金

詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-220-175

24時間365日 日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合 がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

  • 0120-220-175
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼